不動産鑑定・土地評価・底地の土地活用・賃料見直しならお気軽にご相談ください
ブログ

年別アーカイブ: 2016年

後見制度支援信託で、成年後見人の着服減る効果!!

成年後見人の不正防止のために後見制度支援信託の利用が広がっているらしいです。 日本経済新聞(2016年8月30日付)によれば、成年後見人不正防止の記事がありました。 *** 成年後見人の不正を防ぐために財産を管理する「後 …

机と書類

不動産融資、バブル期上回る!!

9月7日 ヤフーニュース(JAPAN)です。 ***  銀行や信用金庫の不動産向け融資が急増している。日銀によると、今年4~6月期の新規貸出額は前年同期比22.0%増の3兆1271億円に達し、バブル期の1989年に記録し …

電卓

住宅着工 7月8.9%増、相続税対策等で貸家建設がけん引!!

2016年7月4日付の日本経済新聞(KOBAKANニュース8月19日号 Vol.84)にアパート建築が急増し、空室リスクが懸念されますという記事が掲載されています。 さらに2016年9月1日付日本経済新聞では、今年7月の …

建設中

ホンダ「NSX」(スーパーカー)

ホンダが来年2月に発売するスーパーカー「NSX」(2370万円)が 大阪、阪急梅田・紀伊国屋前に展示されていました。(8月30日) 2人乗りスーパーカー、3.5リットル、 詳しいことはわかりません。 私の買える限度を越え …

相続KOBAKANレターについて

いつもお世話になっております。 弊社では、小林と名刺交換させていただいた方々等に、ほぼ毎月『相続KOBAKANレター』及び『KOBAKANニュース』というメールマガジンをお送りしております。 これまで『相続KOBAKAN …

本件土地の敷地内に調整池がある場合、本件土地(宅地)と調整池は別々に評価するべきか否か

評価通達7(土地の評価上の区分)は、 土地の価額は、次に掲げる地目の別に評価する。ただし、一体として利用されている一団の土地が2以上の地目からなる場合には、その一団の土地は、そのうちの主たる地目からなるものとして、その一 …

調整池

不動産市場に、賃貸住宅バブルの懸念!!

日本経済新聞(2016.8.18)の社説に、「バブルの懸念ぬぐえぬ賃貸住宅の増加」と題して記事が掲載されています。 同紙(2016.7.4)にも「アパート建築急増し、空室リスク懸念」という記事が出たばかりです。 賃貸住宅 …

街並み

不動産5社、マイナス金利で借金10兆円!!

日銀のマイナス金利政策によって、事業用資金が借りやすくなったため、不動産大手5社の借金は10兆円になったという新聞記事があったので掲載します。 借金は諸刃の剣で、大手とはいえ、不動産市場と無縁ではないはずですが、東京オリ …

お金

賃貸借の目的は、運動場としての使用とあるが、自己所有の幼稚園の園舎に隣接する土地は、借地法の適用が可能か。

東京高裁は、借地法の適用があるとしました。 公正証書によると、賃貸借の目的は運動場としての使用であり、期間の定めも短期ですが、園舎及びその敷地と本件土地の運動場が一体となって利用されている土地です。その土地において借地紛 …

幼稚園

アパート急増!!節税対策赤信号!!

アパートを建てれば、相続税対策になるということでアパートをお建てになる方が増えているようですが、新聞記事によりますと、アパートが急増中で「アパートバブル」の懸念が出てきたとあります。 『不動産市場に「アパートバブル」の懸 …

マンション
« 1 2 3 6 »
PAGETOP
   

Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.