不動産鑑定・土地評価・底地の土地活用・賃料見直しならお気軽にご相談ください
ブログ

年別アーカイブ: 2016年

遺産相続 手続き簡素化へ!!

日本経済新聞(2016年7月6日)によれば、法務省は遺産相続の手続きを簡素化し、戸籍情報を証明書1通にし、遺産相続人の負担軽減化をはかるとあります。 『法務省は7月5日、遺産相続の手続きを簡素化するため、相続人全員の氏名 …

書類

人工知能(AI)活用で住宅査定!!

人工知能を使った自動車の自動運転はよく新聞記事等に掲載されていますが、中古マンションなどの物件価格を人工知能(AI)を使って査定する動きがあるようです。 『人工知能(AI)を活用して中古マンションなどの物件価格を査定する …

IT

平成25・26事務年度の調査に基づく申告漏れ相続財産の金額

国税庁の相続税調査実績によれば、 申告漏れ財産のうち現金・預貯金及び有価証券などは、50.8%(平成26)、50.9%(平成25)となっています。このことから、相続税の税務調査は金融資産が中心であることがわかります。 被 …

不動産鑑定の効果

不動産鑑定をご依頼いただいて、その効果が表れるのは、公正な不動産に対する時価判断であり、それを書類にまとめあげた鑑定書に基づく価格の提示による価格交渉等に大きな効果があります。 澤田会計事務所の澤田美智先生(税理士)から …

不動産鑑定の効果

特別な事情と不動産鑑定による時価

本来、相続財産は、相続財産基本通達に定められた評価方式によって評価すべきですが、不動産特に土地は個別性が強く、実質的な税負担が不平等になってしまうことがあります。 即ち正しい時価が算出されず不平等になってしまうケースがあ …

家と資料

アパート空室率 急上昇!!

相続税対策として効果が高いと言われるアパート建設ですが、 これも、入居者がいっぱい入居して頂いてこそのビジネスであり、かつまた相続税対策です。 相続人の方々がいっせいにアパート建設をされれば、地域のアパートがいっぱい建っ …

賃貸

相続税の税務調査の実態

平成26事務年度及び平成25事務年度の相続税の税務調査について国税庁から発表された内容の要点は下記の通りです。 以上の内容から思うのですが、実地調査1件当たりの追徴される税額が540万円は大きいですね。  

食べなきゃ治る糖尿病!!

「糖尿病は治らない。三食食べなさい」とよく言われるそうですが、「月刊ザ・フナイ5月号」に「食べなきゃ治る糖尿病 2千万人がだまされた!」という記事がありました。その記事の著者は「食べなきゃ治る糖尿病(三五館 舩瀬俊介著) …

広大地・不動産の専門家の意見またはセカンド・オピニオンによる確認 他

広大地・不動産の専門家の意見またはセカンド・オピニオンによる確認 広大地の判定をするにあたって、たいてい判断に迷う場合があります。 マンション等適地なのか、広大な土地に該当するのか悩ましく、とてもグレーゾーンにあって迷っ …

机の上の資料

大阪・ミナミの路線価、全国トップクラスの上昇率!!

国税庁が7月1日発表した路線価は、大阪・ミナミの心斎橋筋商店街が全国トップクラスの上昇率になりました。 周辺では、訪日外国人客の利用を見込んだホテルの建設ラッシュで、不動産需要はかつてないほどの活況です。ただ、ここ数か月 …

税務署ごとの最高路線価の上昇率順位
« 1 2 3 4 6 »
PAGETOP
   

Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.