X

不動産鑑定士とは

不動産鑑定士は「不動産の鑑定評価に関する法律」に基づき制定された国家資格であり、不動産の経済的な価値を判定し、その価値を価格として表示するのが不動産鑑定士の主な仕事です。

又、不動産鑑定の評価業務は高度に専門的な知識を要求される不動産の専門家であるため、不動産の鑑定評価業務に関して独占的地位を与えられ保護されています。従って不動産鑑定士以外の者はその業務をしてはならないとされています。

不動産の鑑定評価に関する法律

(定義)
第二条 この法律において「不動産の鑑定評価」とは、不動産(土地若しくは建物又はこれらに関する所有権以外の権利をいう。以下同じ。)の経済価値を判定し、その結果を価額に表示することをいう。

(不動産鑑定士の業務)
第三条 不動産鑑定士は、不動産の鑑定評価を行う。

2 不動産鑑定士は、不動産鑑定士の名称を用いて、不動産の客観的価値に作用する諸要因に関して調査若しくは分析を行い、又は不動産の利用、取引若しくは投資に関する相談に応じることを業とすることができる。

【引用】:不動産の鑑定評価に関する法律

不動産の鑑定評価とは

不動産の鑑定評価に関する法律に基づき、不動産鑑定士が対象不動産の経済価値を判定し貨幣額で表示することを言います。また、これを書面にしたのが不動産鑑定書です。

不動産鑑定評価業務は、高度に専門的な知識を必要とするため、「不動産の鑑定評価に関する法律第2条、第36条」により、不動産鑑定士、不動産鑑定士補以外の者がしてはならないと記されています。

不動産の価格は、経済の動向、立地の変化等と共に複雑・多様化し不動産の専門家でなければ不動産の価格を立証することは難しい作業です。しかしながら、国家資格として不動産の評価を公に認められた不動産鑑定士が算出した価格は適正価格として様々な場面に疎明(ソメイ)資料として活用して頂けます。

不動産鑑定評価書(一般鑑定または本鑑定)と簡易鑑定の違いについて

(1)不動産鑑定評価基準等

国土交通省では不動産鑑定士が不動産の鑑定評価を行うに当たっての基準等を定めています。

国土交通省の「ガイドライン」に即して不動産鑑定士が発行する文書は下記の3種類です。

  1. 不動産鑑定評価書
  2. 価格等調査報告書
  3. 意見書

(2)不動産鑑定書とは

不動産鑑定評価書とは、不動産の鑑定評価に関する法律第39条に基づいて、不動産鑑定業者が依頼者に対して交付する文書であり、不動産鑑定士が作成します。

又、不動産鑑定評価書は、不動産鑑定評価基準に則ったものを不動産鑑定書一般鑑定または本鑑定という)といいます。不動産の鑑定評価に関する法律第3条第1項に基づく不動産鑑定書です。

不動産の鑑定評価とは、合理的な市場があったならばそこで形成されるであろう正常な市場価値を表示する価格を不動産鑑定士が把握する作業です。

(3)価格等調査報告書

不動産鑑定評価基準に則らないで、あるいは評価手法を選択適用して行う価格又は賃料の調査書面を価格等調査報告書と言います。

したがって不動産鑑定評価書に比べて簡易で、報告書には鑑定又は評価という用語が使えないので、使い方には注意が必要です。

簡易鑑定については、平成22年1月の国土交通省の価格等調査ガイドラインにより、鑑定評価基準に則らない価格等調査の不動産に関する報告書をいいます。従って「評価」又は「鑑定」という言葉は不動産鑑定書以外には使えなくなりました。

又、簡易鑑定という言葉はなくなり、現在では「価格調査書」「意見書」「調査報告書」等と呼ばれて使用されています。

(4)不動産の意見書

国土交通省が平成21年8月に発表したガイドライン即ち「不動産鑑定士が不動産に関する価格等調査を行う場合の業務の目的と範囲等の確定及び成果報告書の記載事項に関するガイドライン」に基づく意見書です。

  1. 意見書…価格の表示がある場合
  2. 意見書…価格の表示のない場合

この意見書は「不動産の鑑定評価に関する法律」第3条第2項の規定に基づいて発行されます。

不動産鑑定書の効果

税務署への疎明(ソメイ)資料として

・会社役員会での打合せ資料として

相続税の時価鑑定の資料として

・各種届出の説明資料として

不動産鑑定士の役割、効用

不動産の諸々の問題解決にあたり、その不動産が争うに値する価値があるか否かです。そのためには、まず不動産の価値を知ることが先決です。

その点、不動産鑑定士は、「不動産の経済価値を判定し、その結果を価額に表示すること」を専門にするスペシャリストなので、不動産の客観的な価値を一早く知る立場にあるので、不動産の有効活用や相続時の財産の配分についての具体的な分け方や、相続財産の評価減額の仕方について提案も可能です。

コメント▼

さらに不動産鑑定士は不動産のスペシャリストですので、不動産に関する専門家とのパイプを持っています。そのネットワークは生かせる立場にあることも強みの1つです。

不動産鑑定士とは「不動産の鑑定評価に関する法律に基づき制定された国家資格であり、不動産の経済価値に関する高度な専門家」です。また、不動産鑑定評価とは、「不動産の経済価値を判定し、その結果を価額に表示すること」をいいます。
ウィキペディア・フリー百科事典による定義)

大阪市内の不動産鑑定評価

弊社は大阪市北区に事務所を構えている関係もあって、大阪市内の不動産鑑定の依頼が多いという事実があります。鑑定の依頼主が大阪市内に存し、なおかつ依頼主の所有する物件の鑑定評価をするケースがとても多いのです。

そういう事もあって、大阪市内の動き、鉄道新線の開通や計画情報、大阪万国博開催に伴う鉄道会社等の動きや計画情報、大阪市内のオフィス賃料情報、不動産動向情報等を毎月情報収集し、名刺交換したお客様やWEBにてこれらの情報をKOBAKANニュース(毎月)に掲載し情報を発信しております。

したがって、大阪市内を含め大阪府下等の不動産の動きはよく分かるようになっております。KOBAKANニュースは2007年7月から情報発信しておりますのでかれこれ12年になります。KOBAKANニュースはお客様に大好評で今まで続いているのだと思っております。

弊社はこのように大阪市内に事務所を構えていること、及びお客様と月1回つながっていることもあって大阪市内の収益物件や賃料訴訟案件やお客様の会社と社長との同族法人・個人間の身近な不動産の取引の不動産鑑定等数多くの経験を積んでおります。

大阪市内の不動産鑑定評価等のご相談がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

ご相談は無料です。

不動産の鑑定の費用について詳しくはこちら>>

大阪市内の不動産の鑑定評価の実績(最近)

・大阪市都島区 底地

・大阪市北区  収益物件

・大阪市城東区 収益物件

・大阪市東成区 事務所

・大阪市西区  区分所有物権

なぜ不動産鑑定士による不動産鑑定が必要か

その理由  1

不動産鑑定士による不動産鑑定が必要か否かは土地の価格(時価)の把握はおおまかな時価でいいのか、それとも不動産鑑定士による精緻(せいち)な時価が必要か否かによります。

おおまかな時価でよければ世間では不動産の価格は一物四価、五価と言われているので、それぞれの価格を採用すればいいことです。

一物四価とは

・実勢価格(時価)

・公示価格(1月1日の価格)←国土交通省土地鑑定委員会に基づく価格

・相続税評価額(路線価1月1日の価格)公示価格の8割と言われています。

・固定資産税評価額(1月1日の価格)公示価格の7割と言われています。

一物五価とは

上記の一物四価に下記の価格を加えたものを言います。 ・基準地価(7月1日の価格)←各都道府県知事による価格

その理由  2

不動産鑑定書は公的証明能力を有し、疎明資料として様々な場面で活用することができますので、相続税の時価評価、訴訟に用いる疎明資料、担保評価、不動産証券化などの評価、同族間・個人間の売買の価格の根拠として不動産鑑定書が必要になります。

不動産鑑定士による不動産鑑定書は証明能力を有し、疎明(そめい)資料として活用することができますので、訴訟における疎明資料として、不動産の担保評価の資料として、不動産証券化等の評価書として不動産鑑定書を活用していただけます。

又、不動産鑑定士による鑑定評価書は不動産鑑定評価基準に基づき必要にして十分な作業を尽くして決めた「鑑定評価額」が記載されています。

不動産鑑定の活用が諸々の不動産の問題解決に役立ちます。

◆相続税法上の時価鑑定
相続税法上の時価評価は、一般の鑑定評価とは区別して評価する必要があります。
◆担保不動産の鑑定評価
不動産の担保評価額は、「客観的・合理的な評価方法で算出した評価額」(時価)であるべきとされています。
◆地積規模の大きな宅地の時価
「地積規模の大きな宅地」に該当し、「旧広大地」に該当すれば、時価評価を行えば、大幅減額が可能です。まずは無料チェック受付中。
◆同族間での不動産売買は時価鑑定
法人間、法人・個人間、親子間等の不動産取引に注意!同族間の場合、高すぎても、低すぎても税務署から指摘されるかもしれません。
◆ゴルフ場等の鑑定
ゴルフ場、ホテル、ショッピングセンター等の特殊な物件の評価をお受けしております。弊社は、金融機関やゴルフ場の所有者から直接評価のご依頼を受けております。
◆地代の鑑定・家賃の鑑定等
地代・家賃・遺産分割・財産分与・遺留分・減殺請求等の訴訟になる可能性のある鑑定評価をお受けしております。

◆借地権の鑑定評価

借地権の鑑定評価をお受けしております。借地権を地主さんに売却したい、あるいは第三者に売却したい時に、適正な価格を知るために不動産鑑定をご活用下さい
◆底地の鑑定評価
底地の鑑定評価をお受けしております。個別性の強い底地の価格については、不動産の専門家である不動産鑑定士にお任せください。
◆戸建住宅等の鑑定
既存の戸建住宅や戸建住宅用土地等の鑑定評価をお受けしております。


拡大地図ははこちらをクリック>>>

【運営者】
株式会社アプレイザル総研
不動産鑑定士・宅地建物取引士
小林穂積
不動産の鑑定・相続コンサルならお任せ下さい。皆様のお力になります
電話:0120-987-134 北浜駅より徒歩5分
著書:土地評価の実務 / 広大地評価の重要裁決事例集 / 広大地評価判定の実務