土地評価・底地の土地活用・賃料見直しならお気軽にご相談ください

証券化対象不動産の評価

証券化対象不動産の鑑定評価

証券化対象不動産の鑑定評価をお受けしております。

不動産の価格は、経済の動向や立地の変化等と共に複雑・多様

化し不動産の専門家でなければ不動産の価格を立証することは難しい作業です。

しかしながら、国家資格として不動産の評価を公に認められた不動産鑑定士が算出した価格は適正価格として様々な場面に疎明資料として活用して頂けます。

証券化対象不動産については取得後、運用時、リファイナンス時等色々な状況において不動産鑑定士による鑑定評価が必要となります。

証券化対象不動産の鑑定評価については、不動産鑑定評価基準をはじめ国土交通省が定めているガイドライン、日本不動産鑑定士協会連合会が定めている実務指針等に従った適正な不動産鑑定が求められています。

弊社では、上記のように厳格で精綴な説明を求められる証券化対象不動産の鑑定評価につき最新の鑑定技術を駆使して安心して頂ける鑑定評価を提供しております。

証券化対象不動産の鑑定評価は、収益還元法のうちDCF法により求めた価格を標準とし、直接還元法による検証を行って求めた収益価格を標準として決定します。

このような場合にお力になれます。

  • 不動産の所有リスクを回避し、財務体質の改善等を目指し、不動産を証券化する場合
  • 私募ファンド等各種スキームによる不動産を証券化する場合

※不動産の証券化のご依頼をお受けしております。

ご依頼目的に応じ、お急ぎの場合、土・日対応等も、柔軟に行っておりますのでお問い合わせはフリーダイヤル、メール、FAX(06-6315-5125)等をご活用下さい。

期間間近の大量案件でも短期間で対応処理可能です。お気軽にお問い合わせください。

休日相談のご案内はこちらをクリック>>>

お問合せ
お問合せ
PAGETOP
   

Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.