相続財産評価・広大地判定の意見書は実績多数の不動産鑑定士へ
ブログ

月別アーカイブ: 2017年2月

不動産融資、最高に。節税アパート・REIT拡大!!

日銀による零金利政策が続くなか、お金が不動産に集中しつつあるので、地価が上昇し、節税を目指したアパートへの投資が広がりをみせ、やや過熱気味な市場になっていると、新聞記事は述べています。 2017.2.10 日本経済新聞よ …

電卓

一括借り上げ保証、大家が提訴へ。レオパレス21!!

多くのアパートにおいて一括借り上げ保証付でアパートを建てるケースがありますが、一括借り上げとは言っても家賃が減額されるケースが多く、もめごとになっているという記事がありますので、Yahooニュースを掲載します。 **** …

ビルの建設ラッシュ

存続期間120年の地上権の登記のある土地も、借地権割合70%が相当とした事例

存続期間120年の地上権の登記のある土地も、借地権割合70%が相当とした事例(平成4年4月20日裁決) 【要旨】 本件地上には、鉄骨鉄筋コンクリート造の堅固な建物の所有を目的とした存続期間120年の地上権が登記されている …

借地権の裁決事例

貸家着工、首都圏でバブル?新築増えて空室率上昇!!

ヤフーニュース(毎日新聞 2/19 10:00配信)によれば、相続税の節税対策でアパートなどの貸家を建てる動きが活発化している反面「空きアパート」増加の懸念があると警鐘を鳴らす記事がありました。 ************ …

マンション

税務署に土地の無償返還に関する届出書が提出されている土地の評価について

同族法人と個人等においてよくみかけることですが、その敷地の賃貸借において税務署に「土地の無償返還に関する届出書」を提出している場合の土地は、自用地としての価額の100分の80に相当する金額によって評価する、とした事例があ …

無償返還と評価額

マンション事業に陰り、三菱地所 それでも純利益950億

大手不動産建設関連の会社は、売上・純利益とも高い水準を維持しているようですが、 日本経済新聞(H29.2.7)によればマンション事業は完成在庫が膨らむなど陰りが見え始めているようです。 下記に日本経済新聞(H29.2.7 …

マンション

共同住宅建設等による広大地評価について

いつもブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。 ・もうすでに共同住宅(マンション)が建っているので、有効利用されている土地は広大地には該当しないと本に書いてあったが、この土地、もしかしたら広大地になるかもしれない …

マンション画像

2017年4月の広大地セミナー(大阪)のお知らせ

いつも当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。 弊社主催の広大地セミナーのお知らせです。

チェック

更正の請求と広大地否認リスク

・相続した土地の価格を依頼している税理士先生に出してもらったが、直感で高いと思う。何とかならないかと悩んでいる。 ・もしかして、もっと相続税が安くなったかもしれない。今からでも遅くないかもしれない。今よく言われている相続 …

家

地面師暗躍、狙われる空き家!!

最近は『地面師』は死語と思っていましたら、 放置空き家が地面師に狙われる事件が頻発しているそうです。 ヤフーニュースでその情報が下記のように配信されています。 ※ 地面師とは…https://kotobank.jp/wo …

地面師の暗躍1

アプレイザル総研公式サイトへ

大阪で不動産の鑑定評価ならアプレイザル総研

chatworkからお問合せ

チャットワーク

不動産鑑定士ブログランキング

不動産鑑定士 人気ブログランキング
PAGETOP
Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.