相続財産評価・広大地判定の意見書は実績多数の不動産鑑定士へ
ブログ

相続税還付

評価対象地は、公共公益的施設用地の負担が必要なので、広大地に該当するとした事例

評価対象地は、公共公益的施設用地の負担が必要なので、広大地に該当するとした事例!!(平成24年8月28日裁決・仙台・公開) 本件土地の概要 本件土地は、本件相続開始日において、請求人所有の家屋の敷地の用に供されていた。 …

広大地に該当するとした事例の画像

幹線道路沿いの本件農地の評価は、評価単位を2単位(A農地、B農地を区分)とするか、又は1単位(A農地、B農地を1区画の農地とする)とするか争いとなった事例です。さらに本件農地は、著しく広大な土地でなおかつ公共公益的施設の用地の負担が必要か否かが争われた事例

幹線道路沿いの本件農地の評価は、評価単位を2単位(A農地、B農地を区分)とするか、又は1単位(A農地、B農地を1区画の農地とする)とするか争いとなった事例です。さらに本件農地は、著しく広大な土地でなおかつ公共公益的施設の …

広大地争われた事例の画像

非線引き都市計画区域内の596㎡の本件土地は、都市計画法の規定に基づく3000㎡以上の土地には当たらないので、本件土地は、広大地通達における広大地には該当しないとした事例

 非線引き都市計画区域内の(596㎡)の本件土地は、都市計画法の規定に基づく3000㎡以上の土地には当たらないので、本件土地は、広大地通達における広大地には該当しないとした事例(名裁(諸)平25第6号 平成25年8月1日 …

評価対象地は、公共公益的施設用地の負担が必要なので、広大地に該当するとした事例

評価対象地は、公共公益的施設用地の負担が必要なので、広大地に該当するとした事例(平成24年8月28日裁決・仙台・公開) 本件土地の概要 本件土地は、本件相続開始日において、請求人所有の家屋の敷地の用に供されていた。 本件 …

広大地に該当するとした事例の画像

一区画のために開発道路を設けるよりも、路地状開発をする方が経済合理があるとした事例

一区画のために開発道路を設けるよりも、路地状開発をする方が経済合理があるとした事例 (関東信裁(諸)平22第59号 平成23年3月8日裁決) 審判所の判断 ①これに対し、請求人は、本件土地の近隣地域において路地状開発は一 …

広大地評価・判定の相談会開催中!

無料休日相談会(土日、月2回)開催中です。 広大地に該当すれば、相続税評価額が通常のほぼ半額、最大で65%まで減額される結果、相続税額が大幅に減税されます。 是非この機会に広大地判定の無料相談会にお気軽にお申し込みくださ …

広大地無料休日相談会

広大地等による相続税の還付

相続税法で、広大地に該当すれば、相続税評価額が通常のほぼ半分、最大で65%まで減額される結果、申告すべき相続税額が相当に圧縮されます。 当初申告で広大地を適用して相続税の申告を行っていない事案が多く、国税庁の平成27年度 …

広大地等による相続税還付

広大地評価で相続税還付に成功!

昨年12月に相続税の還付手続きをした案件が、還付されたという報告を受けました。 対象地が存する近隣地域(以下その地域という)において開発事例がなくミニ開発事例が2件、マンションがこの10年で2件しかありませんでしたが、何 …

還付成功

広大地と個別事情

広大地か否かを判断するにあたり、対象地における「個別事情」を考慮する必要はない、という事情があります。 この項目はとても重要な事です。広大地は想定条件が多く、なおかつ正確にこうですと定めた事項も少ないことも事実です。 以 …

広大地裁決事例

夏季休業のお知らせ

平素は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。 弊社では、下記の期間を夏季休業とさせていただきます。 平成29年8月11日(金)~8月20日(日) お電話・メール等の返信は8月21日(月)以降となりますので、お急ぎのご用 …

更正の請求に関する裁決事例とその結果

いつもながら、広大地の意見書や不動産鑑定評価書を添付して相続税の還付即ち相続税の更正の請求をしています。 最近は特に共同住宅(4階建)、市街化区域内の農地、雑種地等の相続税の更正の請求の手続きを提携税理士と共同で仕事をし …

鑑定書

広大地評価・判定とマンション適地の判断について

   ホームページからのお客様で、広大地についてお問い合わせがありました。 『広大地評価判定について、相続発生日現在、4階建の共同住宅が現存するので、広大地にはなりません。4階建の共同住宅として開発許可を受けて建っている …

マンション

相続税の申告が急増中!

2015年(平成27年)1月1日に改正相続税法が施行され、同年秋から改正法による申告等が始まりました。 国税庁発表の平成27年分の相続税の申告状況によれば、下記の通りです。 ①被相続人の数(2015年に亡くなった人) 約 …

電卓

相当に法面のある土地が、不動産鑑定による時価評価で相続税還付が認められました。

昨年11月に更正の請求をしていました土地について、相続税還付を認めるという趣旨の電話を本件の担当税理士からいただきました。 本件土地(公簿600㎡、現況実測1500㎡)は道路及び隣接地と高低差5~6m程度ある土地で有効宅 …

鑑定による相続税の節税(弊社実例)

更正の請求と広大地否認リスク

・相続した土地の価格を依頼している税理士先生に出してもらったが、直感で高いと思う。何とかならないかと悩んでいる。 ・もしかして、もっと相続税が安くなったかもしれない。今からでも遅くないかもしれない。今よく言われている相続 …

家
1 2 »

アプレイザル総研公式サイトへ

大阪で不動産の鑑定評価ならアプレイザル総研

chatworkからお問合せ

チャットワーク

不動産鑑定士ブログランキング

不動産鑑定士 人気ブログランキング
PAGETOP
Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.