私募REIT日本経済新聞(2018.5.18)によれば、三菱UFJ信託銀行が地銀資金の受け皿として私募REITを運用開始するという記事がありましたので掲載します。

******

私募REIT 運用開始

三菱UFJ信託 地銀資金の受け皿

三菱UFJ信託銀行は2018年度中にも非上場の不動産投資信託(私募REIT)の運用を始める。まずは数百億円で運用し、1000億円規模に育てる。年金基金や生命保険会社、地方銀行などの資金の受け皿とする。日銀のマイナス金利政策が続くなかで、私募REITは相対的に高い利回りを期待できるとみて、攻勢をかける。

名称は「MUFGプライベートリート」(仮称)。三菱UFJ信託が投資法人を新設する。私募REITへの参入は後発組だが、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)傘下の三菱UFJモルガン・スタンレー証券とも協力して顧客層を広げる。