不動産鑑定・土地評価・底地の土地活用・賃料見直しならお気軽にご相談ください
ブログ

相続・時価評価

不動産の交換にからんで争いになった裁決事例

地方公共団体との交換により取得した資産について、棚卸資産ではなく、所得税法第58条第1項に規定する取得資産に該当するとした裁決事例 昭和54年11月7日裁決(公開) 《裁決要旨》 交換により請求人が取得した土地は、交換の …

不動産の交換

本件は通達によらず不動産鑑定をする必要があるとした事例

本件は通達によらず不動産鑑定をする必要があるとした事例をご紹介します。 平成17年7月7日裁決…特別な事情があるとする事例(公開) 権利関係が錯綜した貸宅地の評価について、財産評価基本通達によらず原処分庁側の鑑定評価額に …

特別な事情があるとした事例

利用価値が著しく低下している宅地

利用価値が著しく低下している宅地の評価は、その評価に対応する価額分の10%評価減を認めるという記事が国税庁のHPにありましたので掲載します。   利用価値が著しく低下している宅地の評価 [平成30年4月1日現在 …

利用価値が著しく低下している宅地

時価鑑定

特別な事情があるので通達によらず不動産鑑定により時価を求める必要があるとした事例(裁決事例) 広大な土地(本件甲土地という 11,224.53㎡)の土地の価格は、評価基本通達に基づく価格ではなく、特別な事情があるので鑑定 …

特別な事情があるとした事例

特別な事情があるとした事例(裁決事例)

特別な事情ありとする事例がありましたので、掲載します。 通達を適用して評価する事が著しく不適当と認められる特別な事情があるとした事例(裁決事例) 特別な事情ありとする事例 東裁(諸)平23第69号 平成23年10月25日 …

特別な事情があるとした事例

小規模宅地等の特例の適用

租税特別措置法(以下措置法という)第69条の3にいう小規模宅地等の特例の適用についての裁決事例がありましたので、掲載します。 措置法の要件ついて争いになった事例です。 (平15.03.03.大裁(諸)平14-55) 裁決 …

小規模宅地の等の特例の適用

特別な事情がある鑑定

特別な事情があるので鑑定が必要だとした事例です【裁決事例…事例1】 特別な事情ありとして、財産評価基本通達による広大地を適用すべきではなく、鑑定評価書による時価によるべきとした事例 平成25年5月28日裁決(公開・関信) …

特別な事情がある場合の評価方法

中古のマンションの時価

中古のマンションの時価は建替を前提となったら、マンションの価値が上がる場合にはその増価を見込んで取引価格を決めないと問題が生じますよという裁決事例がありますので、掲載します。 本件マンションの建て替えが管理組合で具体化し …

中古のマンションの時価

小規模宅地の特例の適用における生活の拠点

小規模宅地等の特例の適用について争いになった事例がありますので掲載します。 請求人は、被相続人の居住の用に供されていたマンション(本件建物)を生活の拠点にしていたか否かが争点です。 請求人は本件建物とは別の建物を所有し、 …

時価と低額譲渡

時価より低い価額で不動産の譲渡を受けたとして争いになった事例です。同族間の売買は鑑定をとっておくと安心して取引ができます。 時価よりも低い譲渡価額は、贈与か!! 父から譲り受けた土地が、時価に比べて著しく低い価額で財産の …

1 2 3 11 »
PAGETOP
   

Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.