不動産鑑定・土地評価・底地の土地活用・賃料見直しならお気軽にご相談ください
ブログ

相続・時価評価

相続物件の売買について

被相続人所有の不動産を相続発生1年前に、相続人が代表を務める法人に売却しました。 その折弊社が不動産鑑定を行い、その価格を参考に正常価格で上記不動産を移しました。 その価格が妥当であったか、今頃になってその他の相続人から …

土地の評価上の区分

土地の評価は、宅地、田、畑、山林原野、牧場、池沼、鉱泉地、雑種地のいずれかの地目ごとに評価することになっています。(評基通7) ただし、登記簿上の地目と現況が異なる場合には、課税時期における現況により評価します。又、一体 …

ゴルフ練習場

相続に関する「お尋ね」

週刊東洋経済(2015.2/14号)の「税務署が来る」の欄に下記の記事がありました。 ************************* 東京・霞が関にある財務省庁舎の5階。国税庁で相続税の申告を統括する資産課税課では、 …

税務署の画像。

相続と不動産の時価②

週刊東洋経済(2015年2月14日号)に下記のような記事がありました。 『実際の評価に当たっては、国税庁が定めた「財産評価基本通達」という複雑なルールを用いる。 細かな点で専門的な判断が必要なことが多く、素人が正確な評価 …

相続と不動産の時価 ①

相続財産の時価は、評価基本通達の定めによらないことが正当と認められる特別の事情がなければ、評価基本通達の定めにより評価することになります。 しかしながら不動産、特に土地は千差万別で一つとして同じものはありません。 財産基 …

大阪の不動産

相続と遺言書作成

  日本経済新聞(2014.10.28夕刊)によりますと、遺産が5,000万円以下の場合ほど、相続争いが多く、全体の8割を占めるという記事がありましたので、下記に掲載しました。 『5千万円以下の遺産をめぐる相続 …

新聞記事の画像

相続と認知症

先日の夕方、犬を散歩に連れ出して自宅に帰る間際、付近の主婦の方(見知らぬ方)から声をかけられました。 「私(主婦・以後Aさんという)はそこを左に曲がったところに住んでいるものですが、娘が出ていって…」 と言われ、私(小林 …

« 1 9 10 11
PAGETOP
   

Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.