土地評価・底地の土地活用・賃料見直しならお気軽にご相談ください
ブログ

広大地・相続税還付

著しく地積が広大な土地か否かが争われた事例

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 本件土地は、その地域における標準的な宅地の地積に比して著しく広大な宅地に該当しないので、開発行為を行うとした …

広大地に該当しないとした事例

本件土地は、路地状開発が合理的なので、広大地に該当しないとした事例

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 本件土地は、路地状開発を行うことが合理的であると判断されるので、広大地に該当しないとした事例(東裁(諸)平2 …

本件土地は開発道路不要なので広大地に該当しないとした事例

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 本件土地は、相続開始日後に道路の設置を伴う開発が行われているが、経済的に最も合理的とは認められず、道路等の負 …

広大地に該当しないとした事例

容積率300%の地域と広大地について

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。    相続開始日以前20年間における建物の建築状況は、中高層の集合住宅が3件ある一方、戸建住宅の土 …

広大地に該当しないとした事例

公共公益的施設用地の必要な土地か否か - 広大地

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。   公共公益的施設用地の負担が必要な土地なので、広大地だと言えるか否かが、争われた事例!!(平成2 …

公共共益的用地の必要な土地か否か

開発道路が必要か否かが広大地であるか否かを決める!!

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。   同族会社の株式を評価するに当たり本件土地は広大地に該当すると主張するが、本件土地は開発のための …

公共公益的施設用地の負担と広大地の関係

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 公共公益的施設用地(道路)の負担を必要としないので、広大地には該当しないとした事例 (平成26年11月25日 …

広大地に該当しないとした事例

「広大地になる」ことと「広大地否認」、その違いは非常に大きい

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。   評価対象地が広大地適用の基準を満たせば、広大地に該当し、広大地評価が適用されます。たとえば、次 …

広大地になるか否かの大きな違い

地積規模の大きな宅地の評価-工業専用地域とそれ以外の用途地域にわたる場合の用途地域の判定

「地積規模の大きな宅地の評価-工業専用地域とそれ以外の用途地域にわたる場合の用途地域の判定」について、国税庁の質疑応答事例がありましたので掲載します。 「地積規模の大きな宅地評価」については、平成30年1月1日から適用さ …

地積規模の大きな宅地の評価

広大地適用のための6つの基準

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 ここでは、広大地適用のための6つの基準(17年情報)について詳しく説明します。 ❶大規模工場用地でないこと …

広大地適用のための6つの基準
1 2 3 13 »
PAGETOP
   

Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.