土地評価・底地の土地活用・賃料見直しならお気軽にご相談ください
ブログ

広大地・相続税還付

3階建賃貸マンションの敷地が更正の請求で広大地として認められました。

先月末に相続税の更正の請求を認めるという趣旨の電話を本件依頼者からお受けしました。 更正の請求のため広大地評価判定の意見書を提出して約2か月半。 いつもより返事がないなと首を長くしておりました時でしたので、一安心しました …

区画割図

相続税還付において、不合理分割と広大地評価判定の考えを使う!!

不合理分割とは、「贈与、遺産分割等による宅地の分割が親族間等で行われた場合において、例えば、分割後の画地が宅地として通常の用途に供する事ができないなど、その分割が著しく不合理であると認められる時は、分割前の画地を「一画地 …

家の画像

広大地・不動産の専門家の意見またはセカンド・オピニオンによる確認

広大地の判定をするにあたって、たいてい判断に迷う場合があります。 マンション等適地なのか、広大な土地に該当するのか悩ましく、とてもグレーゾーンにあって迷った場合には、他の専門家(不動産鑑定士等)やセカンド・オピニオン等の …

机の上の資料

路地状敷地と広大地評価判定

先日ご相談をお受けした事案です。 A土地は被相続人の居宅に供していた土地 B土地は被相続人所有の共同住宅に供している土地です。   駅から500mに位置し、周辺は戸建住宅がほとんどで、広大地になりそうな土地でし …

税理士先生の税理士登録者数と相続の関係

税理士先生の税理士登録者数については下記の通りです。    税理士の数  被相続人の数  被相続人に対する税理士1人当たりの件数 平成25年   74,501 54,572  0.73  平成26年  75,146  5 …

グラフ

相続税還付

相続税の申告の実状を知ることは、大切なことだと思っています。 平成26年に全国で発生した相続発生件数は1,273,020人です(概数)。 そのうち相続税が発生する被相続人の数は56,239人(約4.4%)でした。 まさに …

isan

平成26年度査察の概要について

国税庁によれば平成26年度において査察に着手した件数は194件でした。 このHPをご覧いただいておられる方々にとって、なぜ査察の内容について掲載するのか疑問に思われるかもしれません。 「道は無限にある」(PHP出版、松下 …

戸建て住宅、メーカー、業界勢力図

広大地評価において、戸建て住宅を建てることが最有効使用であって、開発を行って公共公益的施設が発生する場合は、広大地として評価できますとお伝えしていますが、戸建て住宅業界の業界地図(会社四季報2016年版)によれば、大和ハ …

相続財産の金額の推移と各財産のバランス!!

国税庁より発表になった相続財産の内訳を見てみると、 相続財産の約半分(46.91%)を不動産(土地・建物)が占めています。 その不動産のうち土地が約88%です。 このことは、相続財産の約半分を占める不動産、特に土地(41 …

平成26年分の相続税について(国税庁より)

国税庁より平成26年分の相続税について発表されましたので、ポイントをご紹介致します。 平成26年分の相続税の課税対象となる被相続人の数は全国で56,239人です。全国平均で相続財産の課税価格は1人当たり73,693,93 …

« 1 14 15 16 »
PAGETOP
   

Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.