土地評価・底地の土地活用・賃料見直しならお気軽にご相談ください
ブログ

広大地・相続税還付

公共公益的施設用地が必要なので、広大地であるとした例

本件各土地は、開発にあたって公共公益的施設用地の負担が必要な土地なので、広大地の適用はあるとした事例(関東信越・公開、平成28年2月29日裁決) 本件各土地の概要 (1)本件1土地 本件1土地は、幅員約16mの市道に接面 …

本件土地は公共公益的施設用地(道路)が必要な土地か否か!

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 本件土地は公共公益的施設用地(道路)が必要な土地か否か (東裁(諸)平22第5号 平成22.7.2裁決) 本 …

広大地に該当しないとした事例

路地状敷地が重列しても、広大地にならなかった事例

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 本件通達によらないことが正当と是認されるような特別の事情は存せず、本件土地の評価に当たり本件通達を用いたこと …

広大地に該当しないとした事例

敷地内に道路を開設することに合理性あり。広大地適応OK!

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 被相続人及び請求人が何ら権利を持たない本件土地に隣接する位置指定道路を利用した開発に比べて、本件土地内に新た …

広大地に該当するとした事例の画像

すり鉢状の土地で側面が崖地でも、広大地可能!

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。   本件B土地のうち宅地部分は、すり鉢状の土地で側面が崖地であるが、広大地として評価すべきであると …

広大地に該当するとした事例の画像

開発道路と広大地の関係

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 本件土地は、道路を開設することが最も合理的なので広大地として評価するのが相当であるとした事例(平成23年5月 …

広大地に該当するとした事例の画像

開発道路が必要なので、広大地と判定した事例

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 都市計画法の変更で、現在の4階建のマンションと同規模の建物は建築不可、又標準的使用は戸建住宅であるので、奥行 …

広大地に該当するとした事例の画像

広大地適用が相当であるとした事例

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 請求人が作成した甲土地の土地開発図は特に経済的に不合理な点は認められないので、広大地適用が相当であるとした事 …

広大地に該当するとした事例の画像

既存不適格建築物の存する土地と広大地判定

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 都市計画法の変更で、現在の4階建のマンションと同規模の建物は建築不可、又標準的使用は戸建住宅であるので、奥行 …

広大地に該当するとした事例の画像

単独所有と共有地では評価単位と異なる!!

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 一方は単独所有、他方は共有財産の隣接する土地は、1画地の宅地ではなくそれぞれを1画地の宅地として評価し、一方 …

広大地に該当するとした事例の画像
« 1 2 3 16 »
PAGETOP
   

Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.