不動産鑑定・土地評価・底地の土地活用・賃料見直しならお気軽にご相談ください
ブログ

広大地・相続税還付

市の店舗の設置の協力と広大地判定

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 市の条例により商業・事務系施設の集積を高めるため、少なくとも1階部分は店舗等の設置の協力があるので、店舗又は …

広大地に該当しないとした事例

市街化調整区域内の宅地の評価

  市街化調整区域内の宅地の評価についての裁決事例がありましたので掲載します。 広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 市街化調整区域内の …

市街化農地と広大地

 広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 評価基本通達により難い特別な事情があるか否かが争われたが、結局評価通達40(市街地農地の価額)による評価額 …

特別な事情がある場合の評価方法

路地状敷地と広大地

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 相続開始後に本件土地を譲り受けた業者が、新たな道路を開設せずに路地状敷地を有する開発を行った事は、経済的に最 …

広大地に該当しないとした事例

市街化調整区域内の土地の開発と広大地

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。   戸建住宅分譲用地として開発できる市街化調整区域の土地については、評価通達24-4(広大地の評価 …

広大地に該当しないとした事例

評価単位の区分と広大地適用

評価単位の取り方によって広大地としての面積要件を満たすか否かが争われた事例をご紹介致します。 裁決事例を読みとくことによって、実務に生かすことができます。 広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広 …

広大地に該当しないとした事例

評価の原則と特別な事情

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 相続財産は評価基本通達の定めに従って評価を行うべきですが、評価基本通達の定めにより難しい特別な事情がある場合 …

特別な事情がある場合の評価方法

その地域の標準的使用と広大地判定

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 本件土地が存する地域は、大規模店舗・事務所・ファミリーレストラン・複合商業施設が連たんする地域に存し、現に宅 …

広大地に該当しないとした事例

広大地に該当するとした事例

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 本件B土地はマンション適地等に該当するというが、開発道路を設置するよう行政指導があったことから判断すれば、道 …

広大地に該当するとした事例の画像

路地状開発と広大地

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 相続により取得した本件土地は、路地状開発を行う事により土地を分割することが経済的に最も合理的な方法なので、評 …

広大地に該当しないとした事例
« 1 2 3 4 17 »
PAGETOP
   

Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.