10月の首都圏のマンション発売戸数が2か月ぶりに前年実績を下回ったという新聞記事がありました。

高くなりすぎたと思うのは私だけでしょうか。

***

不動産経済研究所(東京・新宿)が11月15日発表したマンション市場動向調査によると、10月の首都圏の発売戸数は前年同月比0.6%減の2903戸だった。2か月ぶりに前年実績を下回った。人気を集めやすい大型物件の供給が少なかったため。販売価格は高止まりするなかで、戸建てに目移りするケースも見られる。

発売戸数を地域別にみると、埼玉県が66.2%減と他県と比べて最も大きく落ち込んだ。全体の月間契約率は7.2ポイント低い61.6%と、好不調の目安の70%を2か月ぶりに下回った。1戸あたりの平均価格は5406万円と0.8%上がった。

新築価格の高止まりに引きずられる形で中古マンション価格も上昇している。

2016.11.16 日本経済新聞