不動産鑑定・土地評価・底地の土地活用・賃料見直しならお気軽にご相談ください

ブログ

広大地! 既に開発を了しているか否か

既に開発を了しているか否かが争われた事例 平成18年5月8日裁決 1.本件土地4の概要 土地4は、不整形な無道路地で、半分以上は空閑地である。当該地域内の標準的な宅地の地積は151.00㎡である。 2.審判所の判断 A  …

開発を了しているか否か

隣接する土地の評価単位の考え方と広大地の適用可否

市街化区域内に存する隣接する2筆の土地について 下記の3点の適用可否等が争われた裁決事例です。 1. 農地の評価単位 2. 正面路線の判定 3. 広大地評価 (平成14年2月25日裁決) イ. 概要 市街化区域内の農地 …

広大地に該当するとした事例の画像

規模の大きな土地でも広大地になるとした事例

事務所、倉庫、作業所の用途に供している土地であるが、広大地に該当するとされた事例 (名裁(諸)平18第23号・平成18年10月10日裁決) 本件各土地の概要 (1)本件土地E 本件土地Eは、地積2,564.32㎡の土地で …

広大地に該当するとした事例の画像

介護付有料老人ホーム入居は小規模宅地の適用は不可!!

介護付有料老人ホームに入居したことにより、小規模宅地の適用を受けられないことについて争いになった事例を掲載します。 (平24.8.2大裁(諸)平24-18) 裁決要旨 請求人らは、被相続人は終身利用権方式の介護付有料老人 …

小規模宅地の適用について

不動産の交換にからんで争いになった裁決事例

地方公共団体との交換により取得した資産について、棚卸資産ではなく、所得税法第58条第1項に規定する取得資産に該当するとした裁決事例 昭和54年11月7日裁決(公開) 《裁決要旨》 交換により請求人が取得した土地は、交換の …

不動産の交換

評価単位と広大地評価

丙土地は、一筆の土地上に数戸の古い貸家が並列し、貸家建付地及び自用地が混在する土地であるが、一団の土地として開発行為を行うので一団の土地として広大地評価をすべきか否かが争われた事例 (熊裁(諸)平22第5号 平成22年1 …

広大地に該当しないとした事例

本件土地と隣接地を一体評価すべきか否か

本件土地と隣接地を一体評価すべきか否かについて裁決事例がありましたので掲載します。 東裁(諸)平23第86号 平成23年12月1日裁決 《裁決要旨》  請求人は、雑種地である本件土地と宅地である本件隣接地のように一体とし …

本件土地と隣接地を一体評価すべきか否か

本件は通達によらず不動産鑑定をする必要があるとした事例

本件は通達によらず不動産鑑定をする必要があるとした事例をご紹介します。 平成17年7月7日裁決…特別な事情があるとする事例(公開) 権利関係が錯綜した貸宅地の評価について、財産評価基本通達によらず原処分庁側の鑑定評価額に …

特別な事情があるとした事例

マンション適地か否か!

本件土地は、マンション適地等に該当するから、戸建分譲を前提とした請求人ら及び原処分庁の主張についてはいずれも採用できないとした事例 (関東信越・公開 平成19年7月9日裁決・平19-3号) 1.本件土地の概要 本件土地の …

固定資産の交換の特例の要件

固定資産の交換の特例を使い交換をしたが、否認された裁決事例をご紹介します。 交換取得資産は棚卸資産であるから、固定資産の交換の特例の適用がないと認定した事例 (平成7年7月4日裁決No.50) 1. 請求人の主張 ①請求 …

固定資産の交換について
1 2 3 55 »
PAGETOP
   

Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.