土地評価・底地の土地活用・賃料見直しならお気軽にご相談ください

ブログ

評価の原則と特別な事情

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 相続財産は評価基本通達の定めに従って評価を行うべきですが、評価基本通達の定めにより難しい特別な事情がある場合 …

特別な事情がある場合の評価方法

その地域の標準的使用と広大地判定

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 本件土地が存する地域は、大規模店舗・事務所・ファミリーレストラン・複合商業施設が連たんする地域に存し、現に宅 …

広大地に該当しないとした事例

使用貸借と建物の存続

建物所有目的と使用貸借の期間 建物の所有を目的とする土地の使用貸借の期限についての判例がありましたので掲載します。 土地の使用貸借の目的が建物の所有の場合には、土地の使用貸借の期限について明らかにした判例です。 東京地判 …

使用貸借と建物の存続

広大地に該当するとした事例

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 本件B土地はマンション適地等に該当するというが、開発道路を設置するよう行政指導があったことから判断すれば、道 …

広大地に該当するとした事例の画像

地積規模の大きな宅地の評価-計算例③

「地積規模の大きな宅地の評価-計算例1(一般的な宅地の場合)」について、国税庁の質疑応答事例がありましたので掲載します。 「地積規模の大きな宅地評価」については、平成30年1月1日から適用されたものですので、目新しく、こ …

地積規模の大きな宅地の評価

路地状開発と広大地

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 相続により取得した本件土地は、路地状開発を行う事により土地を分割することが経済的に最も合理的な方法なので、評 …

広大地に該当しないとした事例

借地の条件変更と契約解除

【事例21】非堅固建物所有を目的とする借地契約において堅固建物を新築した場合、契約解除が認められるか (高松高判昭47・10・31判時689・80) 判旨 非堅固建物所有を目的とする借地契約において、堅固建物が新築された …

広大地に該当するか!

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 本件土地は、現況宅地で、もう一方の土地は、市街地農地であって、これらの土地が本件相続開始時において一体として …

広大地に該当しないとした事例

最有効使用はマンション!!

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 本件土地の最有効使用は、戸建住宅分譲用地でありその場合道路の負担が生じるので広大地であるというが、本件土地の …

広大地に該当しないとした事例

その地域の標準的な宅地の地積に比して著しく広大か!!

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 その地域においては約7割が工場・倉庫敷地及び事務所敷地などであるから、本件土地は、その地域の標準的な宅地の地 …

広大地に該当しないとした事例
« 1 2 3 61 »
PAGETOP
   

Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.