土地評価・底地の土地活用・賃料見直しならお気軽にご相談ください

ブログ

開発道路が必要か否かが広大地であるか否かを決める!!

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。   同族会社の株式を評価するに当たり本件土地は広大地に該当すると主張するが、本件土地は開発のための …

公共公益的施設用地の負担と広大地の関係

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 公共公益的施設用地(道路)の負担を必要としないので、広大地には該当しないとした事例 (平成26年11月25日 …

広大地に該当しないとした事例

地積規模の大きな宅地の評価-指定容積率の異なる2以上の地域にわたる場合の容積率の判定

「地積規模の大きな宅地の評価-指定容積率の異なる2以上の地域にわたる場合の容積率の判定」について、国税庁の質疑応答事例がありましたので掲載します。 「地積規模の大きな宅地評価」については、平成30年1月1日から適用された …

地積規模の大きな宅地の評価

「広大地になる」ことと「広大地否認」、その違いは非常に大きい

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。   評価対象地が広大地適用の基準を満たせば、広大地に該当し、広大地評価が適用されます。たとえば、次 …

広大地になるか否かの大きな違い

地積規模の大きな宅地の評価-工業専用地域とそれ以外の用途地域にわたる場合の用途地域の判定

「地積規模の大きな宅地の評価-工業専用地域とそれ以外の用途地域にわたる場合の用途地域の判定」について、国税庁の質疑応答事例がありましたので掲載します。 「地積規模の大きな宅地評価」については、平成30年1月1日から適用さ …

地積規模の大きな宅地の評価

広大地適用のための6つの基準

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、広大地による相続税還付はこれからも活用できます。 ここでは、広大地適用のための6つの基準(17年情報)について詳しく説明します。 ❶大規模工場用地でないこと …

広大地適用のための6つの基準

地積規模の大きな宅地の評価-共有地の場合の地積規模の判定

「地積規模の大きな宅地の評価-共有地の場合の地積規模の判定」について国税庁の質疑応答事例がありましたので掲載します。 「地積規模の大きな宅地の評価」については、平成30年1月1日適用されたものですので目新しくこの記事は参 …

地積規模の大きな宅地の評価

広大地判定のための調査事項

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって終わりましたが、相続税還付はこれからも活用できます。 広大地判定をするに際、特に注意しなければならないことがあります。 それは、机上・現地調査がいかに大切であるかを認識するこ …

広大地と面積基準

広大地が適用されるか否かの基準の1つに面積基準があります。評基通では広大地の基準を具体的に示していませんが、16年情報では一定の判断基準を定めて、評価対象地の地積が「各自治体が定める開発許可を要する面積基準(開発許可面積 …

広大地と面接基準

賃貸アパートの贈与に係る負担付贈与通達の適用関係

「賃貸アパートの贈与に係る負担付贈与通達の適用関係」について、国税庁の質疑応答事例がありましたので掲載します。 【照会要旨】 父親は、長男に対して賃貸アパート(建物)の贈与をしたが、本件贈与に当たって、賃借人から預かった …

賃貸アパートの贈与について
« 1 2 3 55 »
PAGETOP
   

Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.