土地評価・底地の土地活用・賃料見直しならお気軽にご相談ください

3つの強み

アプレイザル総研の3つの強み

不動産鑑定士 小林穂積

アプレイザル総研代表
小林 穂積

当ホームページにご訪問下さいまして、有難うございます。アプレイザル総研代表、小林 穂積と申します。弊社は、人と不動産のより良い関係を築くため、お客様のニーズに適応した質の高い評価ニーズに対応するべく尽力しております。昨今の不動産の鑑定評価においては、一般鑑定をはじめ相続に関する時価評価、広大地評価・判定等を通じて、不動産鑑定の分野を広めかつ深め、貢献してまいりました。

弊社は常にお客様の立場に立ち、お客様のニーズに合った情報を発信し、お客様のお役に立つ鑑定評価書等を数多く発行し、益々社会に貢献して参りたいと思います。

そんな弊社が自信を持って言える強みを、3つの視点でご説明させていただきます。

強み01 難しい、ややこしい案件処理を得意としています。

アプレイザル総研の3つの強み画像
弊社は不動産鑑定書も広大地判定の意見書も難しい、ややこしい案件処理を喜んで行う風土があります。その理由は、戸建住宅から共同住宅、ホテルといった収益物件や複雑な権利関係のある物件など多種多様な物件を手掛けた経験及び国税不服審判所の裁決事例を読みこなし、実務に応用し実績が豊富だからです。そして誠実かつ迅速に対応致します。

強み02弊社代表 小林穂積が2冊目の書籍を執筆

広大地評価の重要事項事例集 小林穂積著

「広大地評価の重要裁決事例集」(相続税の更正の請求・期限内申告の必携書)(株式会社プログレス刊)を出版(平成29年12月)しました。

本書は国税不服審判所のHPに掲載されている広大地の公開・非公開事例(争点約100)を要約し、不動産鑑定士 小林穂積のコメントを書き添えたものです。広大地の問題点の検索がし易くなり、とても読みやすくなりました。

是非ともお読みいただければ、幸いです。

定価7,500円(消費税別)

強み03 Amazonランキング 1位の実積がある広大地判定の書籍を執筆

広大地評価判定の実務 小林穂積著

2014年 6月「広大地評価・判定の実務」(ファーストプレス刊)という書籍を執筆しました。

その当時、国税不服審判所の裁決事例を基にした書籍は皆無で税理士の先生を始め、同業他社の不動産鑑定士の先生方及び相続人の方々にお読みいただき、Amazonランキング 1位を何度か取らせて頂いたという実績があります。2018年 1月 1日の広大地の改正により、更正の請求等に広大地の考えは生きてきます。

無料休日相談のご案内

お問い合わせ
不動産の問題解決ならお気軽にご相談ください
0120-987-134
  • 平日9:00~20:00
  • 土日9:00~17:00
PAGETOP
   

Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.