若い世代の方に大人気のアニメ映画「君の名は。」が興行収入歴代9位、

邦画では歴代5位になった、と報じる新聞記事がありました。

あの「アバター」を抜いたそうです。

「アバター」を見たときは、3D映像での放映で目を白黒させ、

これはすごいと思っていました。その映画を「君の名は。」は抜きました。

すごいです!!

日本経済新聞(2016.10.25)によれば、下記の通りです。

***

東宝は24日、アニメ映画「君の名は。」の興行収入が164億円を超えたと発表した。

宮崎駿監督の作品「崖の上のポニョ」や米映画「アバター」を超え、国内の歴代興行収入で9位に入った。上映スクリーン数は増えており、動員客数のさらなる上乗せも見込めそうだ。

邦画では歴代5位。8月26日に公開され、10月23日までの59日間で観客動員は1260万人を超えた。ツイッターなど交流サイト(SNS)で人気に火が付いた。リアルな風景描写と、劇中に流れるロックバンド「RADWIMPS」の楽曲への評価が高い。上映開始当初はスクリーン数が301だったが、現在は342に増えた。

特徴は10代を中心とする若い世代の観客が多いことだ。歴代興行収入1位の「千と千尋の神隠し」は、観客層が子供から年配まで幅広く、公開から約2か月で興行収入193億円を達成した。対して、ほぼ同じ長さの期間で164億円となった「君の名は。」は思春期の恋愛を描いており、東宝によると公開初日の観客は10、20代が9割を占めた。複数回、映画館に足を運ぶ人も多い。アニメ・特撮研究家で明治大学大学院客員教授の氷川竜介氏は「観客はストーリーではなく、スリルや安堵感などの体験を求めている。それがリピーターの多さにつながっているのでは」と分析した。