X

公共公益的施設用地について弊社事例

広大地とは、その地域における標準的な宅地に比べて地積が広大で、都市計画法に規定する開発行為を行った場合に公共公益的施設用地(道路)の負担が生じるような宅地のことをいいます。

公共公益的施設用地とは、都市計画法第4条第14項に規定する道路、公園等の公共公益施設の用に供されている土地(その他これらに準ずる施設で、開発行為の許可を受けるために必要とされる施設の用に供される土地を含む)をいうものとされています。
一言で言えば、公共公益的施設用地の大半は、開発道路です。

それでは、実務上公共公益的施設用地について考えてみたいと思います。

これはあくまで弊社で受注した広大地の案件に基づくものですのでご参考にして下さい。

土地の面積開発道路公園
3,200㎡940㎡90㎡
2,900㎡470㎡
2,100㎡680㎡160㎡
1,700㎡420㎡
1,200㎡300㎡なし
920㎡220㎡
800㎡70㎡
780㎡120㎡

公共公益的施設用地は開発道路、公園等が該当しますが、各自治体及びその土地の面積・用途地域等により異なります。

上記内容等から見て土地が2,000㎡を超えたら、公園用地の確保が必要になってくるようです。

また、ゴミ集積場、調整池などの規模は公園よりも小さいです。

上記の事例はあくまで弊社で受注した広大地判定のために作製した開発図面に基づいたことを付記します。

なお、面積は一部省略しておりますが、ほぼ正確な数値を記載しました。

【運営者】
株式会社アプレイザル総研
不動産鑑定士・宅地建物取引士
小林穂積
不動産の鑑定・相続コンサルならお任せ下さい。皆様のお力になります
電話:0120-987-134 北浜駅より徒歩5分
著書:土地評価の実務 / 広大地評価の重要裁決事例集 / 広大地評価判定の実務