住宅地平成28年2月18日発表の裁決事例では、

請求人らは標準的な宅地の地積は100㎡前後であり、本件土地の地積は1298.47㎡なので著しく広大な土地ですよと主張しましたが、

審判所は、本件地域における店舗等の敷地の地積の平均は907.94㎡なので

本件土地の地積(1298.47㎡)は上記平均値の1.5倍に満たない土地になる。したがって、本件土地は著しく広大な宅地ではないと言って、広大地を否認しました。

「その地域」のとり方によって、その地域の特性、その地域の標準的使用やその標準的使用の宅地の地積などは大きく変わってきます。

そうなると、当然結論も真逆の結論になります。

 

***

東裁(諸)平27第98 平成28年2月18日 より抜粋

『本件地域における土地の利用状況をみると、上記ロの(ニ)のCの(B)によれば、画地数にして半分近く、

地積割合にして約3分の2が店舗等の敷地として利用されているから、本件地域における土地の標準的使用は店舗等の敷地であると認められる。

本件地域における店舗等の敷地の地積の平均値は907.94㎡であるところ、

本件土地の地積(1,298.47㎡)は、上記平均値の1.5倍に満たず

また、店舗等の敷地の35画地のうちの3分の1以上である13画地1,000㎡を超え

さらに、うち5画地は本件土地よりも地積が大きく、かつ1,600㎡を超えている。

これらの点を総合勘案すれば、本件土地は、本件地域における店舗等の敷地の地積に比して著しく広大な宅地であるとは認められない。』

***

その地域のとり方、考え方によって結論が大きく異なることが十分あります。注意が必要ですね。