相続対策は生前対策だけでなく、相続発生後の対策・実行も重要です
相続発生後の相続税の軽減のポイントは、土地の評価と遺産分割の工夫にあります

財産に占める土地の割合は、平成21年度国税庁の統計年報書では49.8であり、地は何らかの評価上の減額要素を孕んでいと言っても過言ではありません。」
(相続税対策実践ハンドブック 清文社刊)

相続税の税務調査中に申告した広大地評価が承認されそうなので、「広大地の判定」のコメントをいただきたいという税理士がおられました。

早速広大地判定の調査書を作成し、広大地であることを税務署に認めていただいた事例(h23.7)があります。

しっかりした資料で広大地判定をしておけば、安心です

是非、広大地の判定は資産税(広大地)のことを理解している不動産のプロに相談しましょう

 

 

不動産鑑定・底地・借地などのコンサルについての
お問い合わせはお気軽にご相談ください。

無料相談も承っております。

弊社ならではの今まで培ってきたノウハウを生かし
親身になってご相談にお乗りします!

お問い合わせはこちらをクリック!
問い合わせ先バナー