建物所有目的と使用貸借の期間

建物の所有を目的とする土地の使用貸借の期限についての判例がありましたので掲載します。

使用貸借と建物の存続

土地の使用貸借の目的が建物の所有の場合には、土地の使用貸借の期限について明らかにした判例です。

東京地判平16・12・28(平15(ワ)29301)

本件使用貸借は、本件建物の所有を目的としたものであるから、現在も本件建物が存続している以上、使用及び収益をなすに足りる期間が経過したとは言えない。

「借地借家紛争解決の手引」(新日本法規)より引用

※借地・底地等の鑑定評価、地代、家賃の鑑定評価をお請けしております。

お気軽にご相談ください。初回相談は無料です。

広大地は、昨年(H29年)12月31日をもって「地積規模の大きな宅地の評価」に変わりましたが、広大地を使った相続税還付はこれからも活用できます。

是非ご相談ください。

詳細はこちら

また、不動産鑑定・底地・借地権のコンサルについて

他で断られた方、納得いく回答が得られなかった方、今すぐお電話ください!

無料相談承っております!

お問い合わせはこちらをクリック!
問い合わせ先バナー