不動産の時価鑑定、同族間での不動産取引、不動産の仲介はお任せ下さい。お急ぎの案件もご相談下さい、お見積もり無料。

News

  • HOME »
  • News »
  • 不動産鑑定の基礎

不動産鑑定の基礎

簡易鑑定をおすすめしない理由

平成22年1月に国土交通省による「価格等調査ガイドライン」が施行されて、不動産鑑定評価基準に基づいて行われる鑑定評価(不動産鑑定)と不動産鑑定評価基準に基づかないで行われる価格等調査(簡易な価格調査)とに区分されました。 その結果、不動産鑑定評価基準に定める手法の一部のみを適用して価格を求めた書類は不動産鑑定書又は評価という名称を用いてはならないことになりました。 よって簡易鑑定書等という言葉は使えなくなりました。書類の表紙以外にも鑑定とか評価という言葉は使えなくなったのは言うまでもありません。

簡易鑑定をおすすめしない理由

不動産鑑定とは

不動産の鑑定評価に関する法律に基づき、不動産鑑定士が対象不動産の経済価値を判定し貨幣額で表示することを言います。また、これを書面にしたのが不動産鑑定書です。不動産の諸々の問題解決にあたり、その不動産が争うに値する価値があるか否かです。そのためには、まず不動産の価値を知ることが先決です。

不動産鑑定とは
PAGETOP
   

Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.