相続財産評価・広大地判定の意見書は実績多数の不動産鑑定士へ

ご挨拶

株式会社アプレイザル総研のブログをご覧いただき有難うございます。弊社は不動産鑑定及びその周辺業務並びに相続コンサル業務をメインとする会社です。

不動産鑑定士 小林 穂積

記事の内容は不動産鑑定士 小林穂積が近頃気づいたこと、又、皆様にお伝えしたいこと等をブログに掲載しております。皆様のお役に立つような情報を掲載すべく尽力致しますのでよろしくお願い致します。 不動産鑑定士 小林 穂積

 

会社概要

商号株式会社アプレイザル総研
所在地〒530-0047 
大阪市北区西天満1-10-16 企業サービスビル3階
代表者小林 穂積
不動産鑑定士 宅地建物取引士 
ファイナンシャル・プランナー 相続プランナー
所属団体公益社団法人 日本不動産鑑定士協会連合会
公益社団法人 大阪府不動産鑑定士協会
日本FP協会
TELフリーダイヤル:0120-987-134
06-6315-5111
FAX06-6315-5125
アクセス地下鉄御堂筋線 「淀屋橋駅」 徒歩 約8分
地下鉄谷町線「南森町駅」徒歩9分
京阪電鉄「北浜駅」 徒歩 約5分 

 

 

 

お問合せフォーム 

下記のお問合せフォームよりご連絡いただいた場合、弊社より3営業日までにご返信させていただきますのでしばらくお待ちください。お急ぎの場合は、お電話をお願い致します。

 

 

>>株式会社アプレイザル総研 公式サイトはこちら

>>広大地評価・判定サポートはこちらをクリック

 

タップするとかかります

 

 

 

ブログ

幹線道路沿いの本件農地の評価は、評価単位を2単位(A農地、B農地を区分)とするか、又は1単位(A農地、B農地を1区画の農地とする)とするか争いとなった事例です。さらに本件農地は、著しく広大な土地でなおかつ公共公益的施設の用地の負担が必要か否かが争われた事例

幹線道路沿いの本件農地の評価は、評価単位を2単位(A農地、B農地を区分)とするか、又は1単位(A農地、B農地を1区画の農地とする)とするか争いとなった事例です。さらに本件農地は、著しく広大な土地でなおかつ公共公益的施設の …

広大地争われた事例の画像

非線引き都市計画区域内の596㎡の本件土地は、都市計画法の規定に基づく3000㎡以上の土地には当たらないので、本件土地は、広大地通達における広大地には該当しないとした事例

 非線引き都市計画区域内の(596㎡)の本件土地は、都市計画法の規定に基づく3000㎡以上の土地には当たらないので、本件土地は、広大地通達における広大地には該当しないとした事例(名裁(諸)平25第6号 平成25年8月1日 …

広大地には該当しないとした事例

不動産バブル

日銀の金融緩和は不動産バブルをもたらしているようです。 私の事務所のある大阪市北区西天満1丁目(大阪地方裁判所の隣接地)の周辺でも高層マンション建設ラッシュです。 不動産バブルという注目語は「現代用語の基礎知識2018」 …

不動産バブル

アプレイザル総研公式サイトへ

大阪で不動産の鑑定評価ならアプレイザル総研

chatworkからお問合せ

チャットワーク

不動産鑑定士ブログランキング

不動産鑑定士 人気ブログランキング
PAGETOP
Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.