不動産鑑定評価・土地評価・底地の土地活用・賃料見直しならお気軽にご相談ください

News

KOBAKANニュース109号

1. 基準地価 27年ぶり上昇 訪日客効果広がる 国土交通省が18日発表した2018年7月1日時点の基準地価は、前年比で27年ぶりの上昇に転じた。訪日客需要を見込む店舗やホテルの建設が進み、地方の中核都市がけん引役となっ …

基準地価27年ぶり上昇

相続KOBAKANレター87号

相続により取得した私道の価額は、鑑定評価額によるべき特別な事情があるか否か、が争われた事例(東裁(諸)平23第99号平成23年12月19日裁決) 1.本件土地の概要 ①本件土地は、幅員約4m、奥行約 42mの私道で、面積 …

相続により取得した私道の評価

KOBAKANニュース108号

1. JR「おおさか東線」駅名決まる。2019年春 全線開通!! JR西日本は7月24日、大阪環状線の東側を南北に結ぶ新線「おおさか東線」に新設する4駅の駅名を発表した。2019年春に全線開通を予定しており、新大阪から奈 …

JRおおさか東線

相続KOBAKANレター86号

被相続人である所有者は、本件土地上に鉄筋コンクリート陸屋根6階建事務所共同住宅(以下本件建物という)が存するも、無償返還届出を本件土地の賃貸契約書と共に税務署に提出しました。本件土地の評価は、無償返還届出書の提出されてい …

土地の無償偏官届出書

KOBAKANニュース107号

1.空き家「予備軍」東名阪330万戸!! 大都市に空き家の「予備軍」が大量に潜んでいる。65歳以上の高齢者だけが住む戸建てとマンションの持ち家が東京、大阪、名古屋の三大都市圏に合計336万戸あり、同圏内の持ち家全体の2割 …

空き家予備軍

相続KOBAKANレター85号

被相続人の所有する本件土地に請求人である相続人の居住用建物が存する敷地は、借地権の目的となる土地ではなく、自用地とした事例 平成13年9月27日裁決(東京・公開) 裁決の概要 相続人である請求人は、本件被相続人の所有する …

底地ではなく自用地

KOBAKANニュース106号

1.不動産、一部に天井感。住宅は価格帯で濃淡!! 不動産の相場が過熱しているかは、賃料収入を物件価格で割った利回りではかれる。今年4月の日本不動産研究所の調査によれば、東京・丸の内近辺の一等地の期待利回りは3.5%だった …

大阪、オフィスビル不足

相続KOBAKANレター84号

同族会社の株式を評価するに当たり本件各土地は広大地に該当すると主張するが、本件各土地は開発のための道路は不要なので、広大地には該当しないとした事(関裁(諸)平26第38号 平成27年3月24日裁決) 1.本件土地の概要 …

開発道路を設ける開発行為が一般的でない地域のため広大地に該当しない

KOBAKANニュース105号

1.オフィス賃料上昇!! オフィスビルの賃料が再び上昇に転じた。日本経済新聞社が4月に実施した調査で、2018年上期の東京の新築ビル(築後1年未満)の賃料を示す指数は、2年ぶりに前年同期を上回った。業績が好調な起業を中心 …

賃貸料指数

KOBAKANニュース104号

1.4月~6月産業景気予測(天気図)! 旅行・ホテル ■民泊法で追い風も  旅行は株高の恩恵で高額商品の売れ行きが堅調だ。ホテルは増え続ける訪日客を取り込んで高稼働率が続き、ユニークな水上移動式なども増える。6月施行の民 …

タワマン付き再開発の補助金は過去最高に
« 1 2 3 7 »

年別アーカイブ

運営

アプレイザル総研

無料休日相談

相続税還付ドットコム

コバカンニュース

相続問題の実務と対策

重要裁決事例集

広大地評価判定の実務

PAGETOP
   

Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.