不動産鑑定評価・土地評価・底地の土地活用・賃料見直しならお気軽にご相談ください

News

KOBAKANニュース85号

1.基準地価(7/1の価格)商業地、9年ぶりプラス !! 国土交通省が9月20日発表した2016年7月1日時点の基準地価は、全国商業地が前年比0.005%のプラスとわずかながら9年ぶりに上昇しました。訪日外国人が増え、店 …

基準地価 9年ぶり上昇

相続KOBAKANレター64号

本件土地に存する調整池は、調整池の敷地を含めた本件土地全体を貸家建付地とすべきか否か!! (平成22年3月25日裁決(非公開・関裁)) 1.事案の概要 本件は、請求人が、相続によって取得した一部の宅地の評価額が過大であっ …

調整池

相続KOBAKANレター63号

贈与財産である宅地について、借地権の存する土地として評価が相当とした事例  (平成26年5月9日裁決) 1.事案の概要 ・本事案は、贈与により取得した土地について、当該土地には借地権があるため、自用地としての価額から借地 …

借地権の評価の事例

KOBAKANニュース84号

1.不動産大手5社、マイナス金利で借金10兆円!! 不動産大手5社の有利子負債総額が10兆円に迫っています。日銀のマイナス金利政策導入で調達コストが下がり、借り入れを増やしているためです。物件売却を急がなくても資金が回る …

不動産大手5社負債10兆円

KOBAKANニュース83号

1.不動産に割高感、マンション発売6カ月連続減! 不動産経済研究所(東京・新宿)が6月16日発表したマンション市場動向調査によると、5月の首都圏の新規発売戸数は6か月連続で減りました。金利低下などを追い風に価格は12か月 …

不動産に割高感

KOBAKANニュース82号

1.アパート空室率、急上昇!相続税対策で建設増え! 首都圏のアパートの空室率が悪化しています。不動産調査会社のタス(東京・中央)が5月31日発表した統計によると、3月の神奈川県の空室率は35.54%と2004年に調査を始 …

首都圏のアパートの空き室率悪化
« 1 5 6 7

年別アーカイブ

運営

アプレイザル総研

無料休日相談

相続税還付ドットコム

コバカンニュース

相続問題の実務と対策

重要裁決事例集

広大地評価判定の実務

PAGETOP
   

Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.