不動産鑑定評価・土地評価・底地の土地活用・賃料見直しならお気軽にご相談ください
  • アプレイザル総研へようこそ

不動産鑑定の活用

「お客様のお悩みを少しでも和らげたい」という想いから、お客様のご要望、ご予算等をまずは丁寧にお聞きしております。

徹底的にお客様のご要望をお聞きした後に、弊社に出来る最大限のものを追求し、お客様の満足度を高め、お客様のお悩みを解決する一助になるように努めております。

それも最小限の費用と最大のサービスでお客様満足度を高め、説得力のある成果物を提供しております。

このように弊社は、常にお客様の立場に立ち、お客様のニーズに合った情報を発信し、お客様のお役にたつ鑑定評価書を数多く発行しております。

不動産の鑑定を通じて、相続コンサルティング及び不動産のコンサルティングを行い、不動産に関する問題解決のための相談を数多くお受けしております。

テーマは、不動産、相続、節税です。不動産は相続財産の中でもほぼ半分を占める財産です。その不動産を有効活用するか否かは不動産の価値を知ることで決まります。また、不動産の価値が分かればほぼ問題は解けます。 不動産の節税、売買、相続の相談は当サイトをご活用ください。

大阪で不動産鑑定による相続財産の時価鑑定による相続税の節税、不動産の担保価値の鑑定評価、底地・借地権の相続コンサルを介して土地の権利関係の調整を行い底地・借地権の有効活用等のお世話をし、お客様と喜びを共有している会社です。

全国対応しております。

不動産でお困りの事は、不動産の専門家にご相談ください

即対応致します

1.ご相談項目別・業務内容のご案内

不動産鑑定サービス一覧
コンサルタントサービス一覧
 不動産並びに相続コンサルを介して土地の有効活用に役立ちます。

2.不動産の鑑定評価とは

不動産の鑑定評価に関する法律に基づき、不動産鑑定士が対象不動産の経済価値を判定し貨幣額で表示することを言います。また、これを書面にしたのが不動産鑑定書です。

不動産鑑定士とは「不動産の鑑定評価に関する法律に基づき制定された国家資格であり、不動産の経済価値に関する高度な専門家」です。また、不動産鑑定評価とは、「不動産の経済価値を判定し、その結果を価額に表示すること」をいいます。
ウィキペディア・フリー百科事典による定義)

不動産鑑定評価業務は、高度に専門的な知識を必要とするため、「不動産の鑑定評価に関する法律第2条、第36条」により、不動産鑑定士、不動産鑑定士補以外の者がしてはならないと記されています。

不動産の価格は、経済の動向、立地の変化等と共に複雑・多様化し不動産の専門家でなければ不動産の価格を立証することは難しい作業です。しかしながら、国家資格として不動産の評価を公に認められた不動産鑑定士が算出した価格は適正価格として様々な場面に疎明(ソメイ)資料として活用して頂けます。

不動産鑑定書の効果

税務署への疎明(ソメイ)資料として

・会社役員会での打合せ資料として

相続税の時価鑑定の資料として

・各種届出の説明資料として

3.不動産鑑定士の役割、効用

不動産の諸々の問題解決にあたり、その不動産が争うに値する価値があるか否かです。そのためには、まず不動産の価値を知ることが先決です。

その点、不動産鑑定士は、「不動産の経済価値を判定し、その結果を価額に表示すること」を専門にするスペシャリストなので、不動産の客観的な価値を一早く知る立場にあるので、不動産の有効活用や相続時の財産の配分についての具体的な分け方や、相続財産の評価減額の仕方について提案も可能です。

さらに不動産鑑定士は不動産のスペシャリストですので、不動産に関する専門家とのパイプを持っています。そのネットワークは生かせる立場にあることも強みの1つです。

コメント▼

さらに不動産鑑定士は不動産のスペシャリストですので、不動産に関する専門家とのパイプを持っています。そのネットワークは生かせる立場にあることも強みの1つです。

4.大阪市内の不動産鑑定評価

弊社は大阪市北区に事務所を構えている関係もあって、大阪市内の不動産鑑定の依頼が多いという事実があります。鑑定の依頼主が大阪市内に存し、なおかつ依頼主の所有する物件の鑑定評価をするケースがとても多いのです。

そういう事もあって、大阪市内の動き、鉄道新線の開通や計画情報、大阪万国博開催に伴う鉄道会社等の動きや計画情報、大阪市内のオフィス賃料情報、不動産動向情報等を毎月情報収集し、名刺交換したお客様やWEBにてこれらの情報をKOBAKANニュース(毎月)に掲載し情報を発信しております。

したがって、大阪市内を含め大阪府下等の不動産の動きはよく分かるようになっております。KOBAKANニュースは2007年7月から情報発信しておりますのでかれこれ12年になります。KOBAKANニュースはお客様に大好評で今まで続いているのだと思っております。

弊社はこのように大阪市内に事務所を構えていること、及びお客様と月1回つながっていることもあって大阪市内の収益物件や賃料訴訟案件やお客様の会社と社長との同族法人・個人間の身近な不動産の取引の不動産鑑定等数多くの経験を積んでおります。

したがって、大阪市内の不動産鑑定評価等のご相談がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

ご相談は無料です。

大阪市内の不動産の鑑定評価の実績(最近)

・大阪市都島区 底地

・大阪市北区  収益物件

・大阪市城東区 収益物件

・大阪市東成区 事務所

・大阪市西区  区分所有物権

 

無料休日相談のご案内

お客様の声

VOICE事業承継に伴う不動産の鑑定でスピード対応と不安なことに丁寧に相談にのっていただきました

嶋本 和弘様
嶋本 和弘様
【鑑定依頼の経緯・目的】
個人事業主で不動産賃貸業を営む義父が65歳を迎え、体調も悪くなりそろそろ隠居を考え始めた時に 同居する娘婿の私と話し合い、事業承継することになりました。
当初は義父に言われた通り進めよう決めた一方で、疑問点は整理しながら第三者(税理士・司法書士など)の 評価を踏まえて経営改善しようと計画、3年後に長年の繋がり・経験と勘だけでは事業承継することは 難しいという結論に至り個人事業の法人化を進める目的で、大手銀行のご紹介で賃貸マンション2棟の 不動産鑑定をお願いしました。
当時脱サラの私は業界経験が浅く、一方で正確かつ確実に進めたい性分の続きを読む>>>

VOICE相続税申告で一番難しい土地の評価額の算定に豊富な知識と気さくな小林先生を推薦します

澤田会計事務所 澤田美智先生
澤田会計事務所
税理士 澤田美智先生
相続税の申告をする場合に一番難しいのは、やはり土地の評価額の算定です。なぜ難しいのでしょうか?土地は人間と同じで2つと同じ土地はありません。にも拘わらず、相続税法においては財産評価基本通達に基づいて評価することを定めています。
しかし、条文をよく読むと時価で評価する、となっています。では時価とは?この永遠の課題にぶつかった時、小林先生にご相談させていただいております。先生の誠実で気さくなお人柄と鑑定士としての豊富な知識と正確さ。信頼できる先生です。自信をもって推薦いたします。

VOICE昔から様々なケースの鑑定評価を依頼、税務申告にも安心

横山良次先生
横山税理士事務所
税理士 横山良次先生
小林先生のお人柄に惚れて、昔から様々なケースの鑑定評価をお願いしています。特に同族会社間の不動産売買をはじめ、法人と代表者間の不動産売買、相続申告の際における複雑な不動産の評価等々、鑑定評価依頼をさせていただきました。物件がどんなに遠くても快く足を運んでいただき、その的確な評価には頭が下がる思いです。勿論、税務申告にも何ら問題なく、顧客に対しても大変喜ばれています。

お客様の声について詳しくはコチラ

お問い合わせ
不動産の評価で困ったことがありましたらいつでもご連絡下さいませ
0120-987-134
  • 平日9:00~20:00
  • 土日9:00~17:00

 

不動産鑑定士 小林穂積【運営者】
株式会社アプレイザル総研
不動産鑑定士・宅地建物取引士 
小林穂積
不動産の鑑定・相続コンサルならお任せ下さい。皆様のお力になります
電話:0120-987-134 北浜駅より徒歩5分
著書:広大地評価の重要裁決事例集 / 広大地評価判定の実務

News

KOBAKANニュース117号

1. スルガ銀行 投資用不動産の6割 不適切融資!! スルガ銀行は5月15日、投資用不動産向け融資で総額1.8兆円の全件を対象にした不正行為の調査結果を正式に発表した。借り入れ希望者の預金通帳や売買契約書の改ざん・偽造と …

スルガ銀行 不正融資

KOBAKANニュース116号

1. 生保マネー 再び不動産に 運用残高 4年ぶり増 !!  「生保マネー」が再び不動産に向っている。大手生保は軒並み不動産投資を積極化。2018年度は4年ぶりに不動産の運用残高が前年比で増える見通しだ。足元の好調なオフ …

生保マネー 再び不動産へ

KOBAKANニュース115号

1. 地価公示、4年連続上昇 ピークの4割まで回復 !! 国土交通省が3月19日発表した2019年1月1日時点の公示地価は、商業・工業・住宅の全用途(全国)で1.2%のプラスと4年連続で上昇した。1991年のピーク時から …

地価公示、4年連続上昇

運営

アプレイザル総研

無料休日相談

相続税還付ドットコム

コバカンニュース

相続問題の実務と対策

重要裁決事例集

広大地評価判定の実務

PAGETOP
   

Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.