不動産鑑定評価・土地評価・底地の土地活用・賃料見直しならお気軽にご相談ください

News

KOBAKANニュース90号

1.不動産融資、最高に。節税アパート、REIT拡大 !! 日銀が2月9日発表した「貸出先別貸出金」によると、2016年の金融機関による不動産融資は前年を15.2%上回る12兆2806億円でした。統計をさかのぼれる1977 …

アパート経営

相続KOBAKANレター69号

被相続人と請求人の妻との土地の賃貸について、妻は借地権を有し底地として評価すべきか!! 平成8年10月24日裁決(大阪・非公開) 1.事例の概要 被相続人は、被相続人所有の本件土地上に、請求人の妻と共有で建物を建て住居及 …

契約書

KOBAKANニュース89号

1.タワーマンション高層階、低層階の坪単価差、首都圏1.74倍、関西2.12倍!! スタイルアクト(東京都中央区)はこのほど、14年以降に首都圏と関西圏で販売されたタワーマンション(20階建て以上)について、同一マンショ …

タワーマンション

相続KOBAKANレター68号

この賃貸借は建物所有を目的とする借地権か否か、争いになった事例 平成9年2月28日裁決(大阪・非公開) 1 事例の概要 自動車の車庫として使用している部分の土地は、建物所有を目的とする借地権に該当するか争いになった事例で …

自動車の車庫

KOBAKANニュース88号

1.アパートローン融資急増に対し、金融庁は過熱警戒、実態調査へ!! 相続税の節税目的でアパート経営に乗り出すケースが増えています。部屋の借り手が見つかれば問題ないのですが、首都圏や人口減の地方で空室が増える兆しが浮かんで …

相続税制見直し

相続KOBAKANレター67号

500㎡未満の土地であるが、路地状開発を行なえば開発道路は不要なので、広大地として評価することはできないとした事例(東裁(諸)平21第171号 平成22年6月6日裁決) 1.本件土地の概要 本件土地の地積は、489.67 …

開発想定図

KOBAKANニュース87号

1.相続税、マンション高層階増税、富裕層の節税をけん制!! 政府・与党は20階建て以上の高層マンションについて、高層階の固定資産税と相続税を引き上げる予定です。2018年以降に引き渡す新築物件が対象です。一方で低層階の税 …

マンション高層階は増税

相続KOBAKANレター66号

その地域においては約7割が工場・倉庫敷地及び事務所敷地などであるから、本件土地は、その地域の標準的な宅地の地積に比して著しく広大とは認められないので、広大地には該当しないとした事例(熊裁(諸)平23第5号 平成23年12 …

工場・倉庫敷地

相続KOBAKANレター65号

本件土地は、開発道路を敷設せずとも、標準的な敷地に区画割が可能なので、広大地に該当しないとした事例 (関裁(諸)平23第67号 平成24年3月27日裁決) 1.本件土地の概要 本件1土地の地積は2166㎡(仮換地地積)で …

区画整理事業地内に存する土地

KOBAKANニュース86号

1.建物の耐用年数ルールに風穴を開けた信用金庫!! 投資用不動産ローンは市場としてはニッチで、メガバンクはりそな銀行を除き、それほど前向きではありません。今、積極姿勢を見せているのは地銀と信用金庫、ノンバンクです。 東京 …

IT関連情報を脱税調査
« 1 5 6 7 »

年別アーカイブ

運営

アプレイザル総研

無料休日相談

相続税還付ドットコム

コバカンニュース

相続問題の実務と対策

重要裁決事例集

広大地評価判定の実務

PAGETOP
   

Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.