不動産の時価鑑定、同族間での不動産取引、不動産の仲介はお任せ下さい。お急ぎの案件もご相談下さい、お見積もり無料。

News

国税庁 路線価、初の減額補正へ 大阪市内の一部 下落で!!【第137号】

1. 国税庁 路線価、初の減額補正へ 大阪市内の一部 下落で!! 国税庁が相続税などの算定に使う路線価について、大阪市内の一部地域を対象に減額補正(下方修正)する方針を固めたことが関係者への取材で分かった。新型コロナウイ …

地価

JR大阪駅前北側、うめきた2期 予定通り着工 2024年先行まちびらき!!【第136号】

1. JR大阪駅前北側、うめきた2期 予定通り着工 2024年先行まちびらき!! JR大阪駅北側の再開発エリア「うめきた2期」(広さ約17ヘクタール)について、開発主体の三菱地所や阪急電鉄など9社の企業連合がビル建設など …

大阪駅前

オンライン相談のご案内

ご自宅から、オンラインで不動産の専門家である不動産鑑定士とのWEB面談も行っております。ご相談は30分無料ですのでお気軽にご連絡下さい。 お申し込みはお電話もしくは、下記の問合せフォームよりお願いします。 お電話では、ご …

オンライン相談始めました

上半期の路線価据え置き、下げ幅基準満たさず補正見送り 都市部では15%超下落も!!【第135号】

1. 上半期の路線価据え置き、下げ幅基準満たさず補正見送り 都市部では15%超下落も!! 新型コロナウイルスによる経済活動への影響から、国税庁が検討していた1~6月分の路線価の減額補正が10月28日見送られた。大部分の地 …

上半期の路線価据え置き

地価、三大都市圏 際立つ苦境 訪日客減で下落【第134号】

1. 地価、三大都市圏 際立つ苦境 訪日客減で下落!! 新型コロナウイルスの感染拡大が回復基調にあった地価に冷や水を浴びせた。国土交通省が9月29日発表した2020年の基準地価(7月1日時点)は、全国の全用途平均で3年ぶ …

大阪市内 特定民泊3000室廃止(2~8月) 訪日客数回復見込めず!【第133号】

1. 大阪市内 特定民泊3000室廃止(2~8月) 訪日客数回復見込めず! 大阪市内で2~8月、3000室超の「特区民泊」の廃止届け出があったことが分かった。インバウンド(訪日外国人)の回復が見込めない中、民泊を巡る経営 …

地価下落地区 前回調査(1~4月)の9倍超 上限は激減 経済停滞響く!【第132号】

1.地価下落地区 前回調査(1~4月)の9倍超 上限は激減 経済停滞響く! 新型コロナウイルスによる経済活動の停滞が地価を押し下げ始めた。国土交通省が8月21日発表した4月から7月にかけての主要都市100地区の動向を見る …

地価下落地区 前回調査の9倍超え

コロナ影響で地価下落なら、路線価の減額修正検討 国税庁!!【第131号】

1.コロナ影響で地価下落なら、路線価の減額修正検討 国税庁!! 新型コロナウイルスによる経済活動低迷などの影響で大幅に地価(時価)が下落した場合、相続税や贈与税の算定に使う「路線価」を減額修正できる措置を国税庁が検討して …

地価上昇 コロナで鈍化 1~4月「横ばい」地区数7倍!【第130号】

1. 地価上昇 コロナで鈍化 1~4月「横ばい」地区数7倍!! 上昇傾向が続いていた地価に鈍化の兆しが見え始めた。1月から4月にかけての全国100地区の変動率を見ると、地価が「横ばい」だった地区が前回調査(2019年10 …

地価上昇 コロナで鈍化 1~4月「横ばい」地区数7倍

産業景気予測リーマン級の低迷7四半期連続で悪化!|KOBAKANニュース129号

1. 産業景気予測リーマン級の低迷7四半期連続で悪化! 30業種の天気図を点数化して集計した「日経産業天気インデックス(日経DI)」は2020年4~6月期にマイナス35.0と、7四半期連続で悪化する見通しだ。DIの水準は …

産業景気予測イメージ図
« 1 2 3 4 »
PAGETOP
   

Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.