不動産の時価鑑定、同族間での不動産取引、不動産の仲介はお任せ下さい。お急ぎの案件もご相談下さい、お見積もり無料。

News

不動産鑑定の活用方法

不動産鑑定士が教える借地権売買で大切なポイント3選

借地権とは 借地権とは、建物の所有を目的に土地を借りる権利を言います。借地権の目的は、建物の所有に限られるため青空駐車場や資材置き場などは借地権に該当しません。 借地権は、旧借地法に基づく借地権と新借地借家法に基づく借地 …

借地権売買のポイント

底地の買取や売却時の注意点を不動産鑑定士が徹底解説!

底地とは 底地は借地権が付着した土地を言います。したがって土地の所有者である地主は、自ら直接使用収益ができないので様々な制約があります。 まず、借地権とは、建物を建てるために地代を支払って他人から土地を借りる権利を借地権 …

徹底解説

訴訟・調停時の鑑定評価

賃料改定のための訴訟の資料として、又は賃料改定のための調停の資料として不動産鑑定士の不動産鑑定書をご活用ください。 継続地代の賃料増減額請求について 継続地代の鑑定評価を依頼する必要性  (ⅰ)地代改訂交渉の資料として …

訴訟・調停時の鑑定

法人からの鑑定の依頼事項

同族法人間売買に伴う鑑定評価 (1)同族法人間の不動産の売買 同族法人間の不動産の売買は、時価によることとされています。したがって、適正な時価を把握するために不動産鑑定を活用することをおすすめします。 不動産鑑定評価書は …

法人からの鑑定の依頼事項

不動産鑑定評価書の活用方法とそのメリットⅡ

個人からの鑑定の依頼事項 1.売買の時の鑑定評価 (ⅰ)親子、兄弟姉妹等同族間の売買の場合 同族間の売買では低額譲渡(市場価格=時価よりも著しく安く取引すること)に当たらないために、時価を先ず把握するための鑑定をとる傾向 …

不動産鑑定評価書の活用方法

成年後見制度による不動産売却等と不動産鑑定評価

認知症になり、意思能力がなくなれば、不動産の売却をしようとしても、不動産の売買契約を締結できません。 又、代理人を介してもダメですが、成年後見制度を利用すれば不動産の売却は可能になります。 成年後見制度を利用する場合には …

成年後見制度

遺留分の侵害額請求権のための鑑定評価

遺留分侵害額(減殺)請求権を行使するにあたって大切な事は、不動産の評価が重要なポイントだと言うことです。 遺留分に不動産がある場合、相続不動産の評価額次第で遺留分の額が大きく変わってきます。 遺留分を請求する側は相続不動 …

遺留分の侵害額請求権

借地権の売買に伴う鑑定評価

イ. 借地権を地主に売却したいがその値段を知りたいとき ロ. 借地権付建物を第三者に売却したいがその売値を知りたいとき ハ. 借地権建物を同族法人に移したいがいくらで売ればいいか知りたい時 二. 借地人から借地権付建物を …

借地権の売買に伴う鑑定評価

底地を売買する時の鑑定評価

底地(借地権の付着した土地)は (1)借地権者に売却する場合 (2)第三者に売却する場合 (3)底地と借地権を一体で第三者に売却する場合 が考えられますが、各々によって価格は異なります。 それが底地の持つ特長なので、市場 …

底地を売買

隣接する不動産を売買する時の不動産鑑定

隣接不動産を併合を目的に売買する場合や、経済合理性に反する不動産の分割を前提とする売買するときには、通常の市場価値より高くなったり、低くなったりして市場価値を乖離することがあるので鑑定評価をして市場価値を適正に把握して隣 …

隣接する土地の不動産
1 2 »
PAGETOP
   

Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.