X

M&Aコンサルタント会社様の不動産鑑定士活用事例

M&Aコンサルタント会社様は経営支援事業にまつわるお仕事、特にM&A仲介や経営コンサルティング等で不動産に絡むお仕事となると、他の会社さんとの差をつけるのがなかなか難しくなっていませんか。

そこで、より他の会社さんとの差をつけるために、不動産鑑定士事務所を活用することで事業に貢献し、他のM&Aコンサルティングの会社さんと差をつけませんか!!

課題1

クライアントの話を聞く力が必要

コンサルタント業は、クライアントの話を聞く力に左右されますよね。

クライアントの悩み、問題点を引き出す力、それは聞く力にあります。

さらに聞くだけではなく問題点を解決に導く、クライアントを納得させる知恵を引き出すことによりM&Aを成功させることが大切ですよね。

課題2

情報の入手が課題

コンサルタント業はクライアントの情報を一早く入手し、課題を探し出し、解決の糸口を見つけだすことが必要ですよね。

特に不動産に絡む問題は不動産独特のものであって、とても専門的な事柄が多いものです。

業務の性質上、問題点を整理しておくことは全体を理解し解決する上で必要なこととなりますね。

課題3

組織力と対外力

コンサルタント業にとってこれも大切な課題の1つではないでしょうか。

クライアントのために組織力、対外力を使う。ネットワークを使う。

課題1

クライアントの話を聞く力が結果を左右する

クライアントの話を聞くことによって問題を探り、解決に導くことができます。

M&Aに絡んで不動産の価格が重要になってくる。不動産鑑定士に聞けば、この問題はどう解決するのかが分かってきます。

これはとても大切なことです。聞く力は最も重要な力になります。

関連ページ:底地・借地権の鑑定評価はこちらをクリック

課題2

情報ネットワークこそ大切

経営支援業をするにあたり、クライアントの情報は大事です。特に不動産については額が張るし、不動産特有なものがありますね。

不動産の価格、賃料等については信頼できる不動産鑑定士との提携ないし交流により情報を共有することで、信頼できるネットワークをつくれば、クライアントとの関係も信頼の度が増し、仕事は万全になっていきます。

関連ページ:不動産の時価鑑定はこちらをクリック

課題3

信頼を確保

経営支援業はクライアントを支援するものであって、しっかりと存在感を出す必要があります。

不動産を介する場合には不動産のプロである不動産鑑定士とのネットワークをもつこともクライアントを喜ばせるツールの1つです。

関連ページ:不動産の担保評価の鑑定はこちらをクリック

【運営者】
株式会社アプレイザル総研
不動産鑑定士・宅地建物取引士
小林穂積
不動産の鑑定・相続コンサルならお任せ下さい。皆様のお力になります
電話:0120-987-134 北浜駅より徒歩5分
著書:土地評価の実務 / 広大地評価の重要裁決事例集 / 広大地評価判定の実務