土地評価・底地の土地活用・賃料見直しならお気軽にご相談ください

ブログ

「広大地評価・判定の実務」新刊書(小林穂積著)が「家主と地主」vol.56 2014年9月16日号で、読者プレゼント(5冊)されることが決定いたしました。

「広大地評価・判定の実務」新刊書(小林穂積著)が、㈱全国賃貸住宅新聞社「家主と地主」vol.56 2014年9月号で読者プレゼント(5冊)されることが決定いたしました。 (『家主と地主』8月号) 【応募方法】 はがきに「 …

「家主の地主」の表紙

4階建の共同住宅も広大地になります!

4階建マンションと3階建マンションが建つ土地がともに広大地として認められたケース 3階建と4階建の鉄骨造共同住宅が建つ敷地が、広大地として認められた事例です。2つの建物は南北に隣接し、相続人がそれぞれ異なるという 相続事 …

マンション

新しい本の出版について(新刊)

NPO相続プランナーズ協議会のメンバー11名で、相続に関する本の出版を企画し、今年12月頃に本を出版し発売できるようにしようと考えています。 今11名の先生方に題目を選んでいただき、テーマの重複がなさそうなので、9月末日 …

本

地代が不相当となる要件

    地代の不相当性を認定する際の要件として、一般的に考慮されるのは、「借地借家紛争解決の手引」(新日本法規出版)によれば下記のとおりです。 ①前回の地代決定以来相当の期間を経過していること ②その …

借地権・底地

溜池の評価、ゴルフ場の鑑定!

溜池の鑑定依頼が来ました。弊社では、私 小林が不動産鑑定士になって約30年、溜池の評価は10件に及びます。 溜池は珍しい種類の土地です。評価するにあたり、地権者、水利組合、市町村等の利害関係者がおられること、又池には汚泥 …

ゴルフ場の画像

向上と反省

  お盆に本を読もうと決めて、本を持ち帰り、読もうとしましたが 1冊読みおえた程度でした。中々多くは読めませんね。その本の 中に下記のことが書いてあったので、とても感動してしまいました。   「私の経 …

向上と反省

小旅行と墓参り

久しぶりにお盆休みをかねて夏季休暇を連続9日間(土日を含む) を取ることにしました(8月9日~8月17日)。 不動産鑑定士になって、又、家族を持って初めての経験です。 2日間は、家族旅行(兵庫県の但馬温泉宿で一泊)と但馬 …

文字で「感謝」と書かれた画像

広大地評価判定と不合理分割

久しぶりに広大地のセミナーを行いました。数えれば8ヶ月ぶりのセミナーです。広大地の書籍の出版(広大地 評価判定の実務・ファーストプレス刊・新刊)のため、原稿書きに時間を取られてしまいました。 初めて書籍というものを書くこ …

円グラフが並んでいる図

「思いは実現する」について

昨日、ある経営者の集まりに参加した時の事です。 Sという社長(以下、S社長と言う)が、アルコール依存症だったけれど、 約2年でアルコール依存症を克服した話をその集まりでされました。 元気なS社長しか見ていないので、本当に …

空に四葉のクローバーをかざす

広大地の面積基準について

◆広大地の面積基準は下記の通りです。 ・市街化区域 三大都市圏:500㎡ それ以外の地域:1,000㎡ ・非線引き都市計画区域:3,000㎡ 名古屋の審判事例は、本件土地の面積596㎡、都市計画区域内で市街化区域と市街化 …

グラフと数字の画像
« 1 53 54 55 61 »
PAGETOP
   

Copyright © 株式会社アプレイザル総研 All Rights Reserved.